灼熱カバディ あらすじ91話「敗者の願い」

漫画

・・代わりに願いを込めた。伯麗は強かったと、証明できるのはキミ達だけだ。

スポンサーリンク

あらすじ

90話のあらすじを読む。

関東大会1回戦。
能京VS伯麗は、激戦の末30対23で能京が勝利を収める。

能京メンバーは公式戦初勝利を全力で噛みしめていた。

やった。

王城(勝った・・・!ついに・・公式戦で・・!!勝ったぞ!!!能京ウチが!!!)


この話が収録されている10巻を買う。

終わらせた

一方外園は今まで絶やさなかった笑顔を崩し涙を流している。

ルーク「・・!!」

外園の様子に気づいたルークの目からも涙が溢れた。

能京には敗北の悔しさが痛いほど分かる。
しかし外園の悔しさはまた別・・・。
3年の外園はもう引退なのだ。

王城(僕らが・・終わらせた・・・)

ルーク「すみませんでした・・!!」

ルークは涙を流しながら外園に頭を下げる。
他のメンバーも膝をつき涙を流し、先ほどの試合の後悔ばかりしてしまう。

序盤で点差をつけられていなければ。
もっと守備で動けていれば。

「ジョージは戦えてた・・俺たちがもっと・・俺たちのせいだ・・」

外園が顔を上げ、ルークの肩に手を置く。

胸を張ろう

外園「・・情けないところを見せたな」

顔をあげた外園はいつものように笑っていた。

外園「・・カバディという競技は、ゴールではなく、人から点を奪う。誰が点を取られたのか明確に分かる。だからこそ、誰の責任など口にするべきじゃない」

カバディの起源は狩猟。
原始的な競技でありながら、カバディは品格を問われる。

泣いていた伯麗のメンバーは顔をあげ、外園の言葉を真剣に聞いている。
「僕の涙の意味はこうさ」と外園は涙を拭いながら言った。

「悔しくて泣けるほど、最高のチームだった。胸を張ろう」
「YEAH!!」

こうして伯麗の夏は終わる。
しかし、終わるわけではない。

整列の礼から顔を上げる頃には、もう『それ』は汗と見分けがつかなかった。

喜びきれねぇ

能京選手控室
「よし!まずは一回戦突破だ!!まだまだ先は長い!!気を抜かずに行くぞ!!」
「うす!!」

水澄(・・なんだろうな・・まだ一回戦だからか?)

当然初勝利は嬉しい。
しかしどこか喜びきれない部分があった。

伊達「あの・・外園さんっていつから・・」

王城「・・?カバディ?」
井浦「中一ん時に選抜二軍にいたが、既に上手かったな」
王城「うん。確か7年くらいだよ」

7年という歳月の長さに伊達と水澄の心臓が跳ね上がる。
それだけの時間をカバディに捧げて来たにも関わらず、1時間足らずの試合で終わってしまう。

(もし、立場が逆だったら・・・)

自分達が王城と井浦を終わらせてしまうことになる。
3年生にとってはこれが最後の夏なのだ。

「俺たちのせいだ・・」とルークが泣いていたのを思い出す。
自分達もそうやって後悔するのだろうか。

辛酸を舐めつづけてきたからこそ生まれた不安、甘さであった。

その時入口のドアが静かに開いた。

カバディ好きのナイスガイ

外園「ヘイ!!」

畦道「ほ・・」
宵越「なんだ!」

突然の外園の来訪に身構えてしまう。
見ると外園の腕には大量のスポドリがある。

外園「たった今、部長の引き継ぎをしてきた。つまり、今のボクは伯麗の部長ではなく、カバディ好きのナイスガイさ」

人見「差し入れ・・?」
宵越は「毒を盛ったりしてねーだろうな」という警戒心丸出しの目で見ている。

外園「毒なんて盛っていないよ。まぁ・・盛っておいても良かったケドな」

「中盤まで流れを作ったじゃじゃ馬に」
「攻撃手を守り切った堅い盾に」
「大事な場面でボクを倒した勇敢な守備に」

外園はスポドリを能京メンバーに次々と渡していく。

外園「他にも・・おっと、キリがない。そんな大量の毒は簡単に手に入らないな」

・・代わりに願いを込めた。

「伯麗は強かったと、証明できるのはキミ達だけだ」

やられたなぁ・・

外園「勝ち続けろ」

そう言って、外園は去って行った。

畦道「・・部長・・あれは・・ああいう人は普通なんですか・・?カバディじゃ・・」
王城「・・いや・・」

外園(部長の仕事はしっかりこなせよ)

能京は勝ち慣れていない。
だからこそ初勝利を喜びきれず、負けた時のことを考えて不安になるメンバーもいる。
部長として、メンバーを引っ張っていかなければならないのだ。
敗者の願いを背負って。

外園はそれを伝えに来てくれたような、王城はそんな気がしていた。

王城「・・やられたぁ・・最後の最後まで・・」

外園の差し入れのドリンクを開け、王城は言う。

王城「進もう」

皆で乾杯し、ようやく能京は勝利を実感することが出来たのだった。

能京高校二回戦進出

91話の感想

ゆんこ
ゆんこ

外園、キミは最高の部長だったよ!

前回90話のラストは、伯麗IS一回戦敗退で〆られていました。
その対となるように今回は能京二回戦進出になっていましたね!
負けた方から語るというのは、伯麗へのリスペクトとスポーツマンシップを感じる描き方でした。

柔道でも畳を降りるまでは勝者は喜んだりしないし、囲碁では決着がついた後、敗者が口を開くまで勝者は口を開かないという暗黙の了解があります。
敗者の健闘を称える気持ちと慈しみを感じるといいますか、そういう部分を見せられると純粋に「いいな」って思います。
品格が問われる、というのはまさにそういうことだと思います。

さて、次回は閑話休題。
能京メンバーで銭湯に行きますよ😆


>>無料トライアルで灼熱カバディを観る

92話のあらすじを読む。

【漫画】灼熱カバディを無料で読む方法

灼熱カバディは裏サンデーで毎週火曜日更新で絶賛連載中です!(2021年現在)

裏サンデーの公式サイトだと、1話~数話と最新話2話くらいしか読めませんが、大丈夫です。
裏サンデーが出している公式アプリ「マンガワン」なら全話無料で読めます!

ゆんこ
ゆんこ

公式アプリということで安心感もありますね😁

裏サンデーに掲載されている分より1週分、先の話を読める「先読み」機能があるのもマンガワンアプリの特徴です。

また「ちょい足し」と言って、1話毎にちょっとした小話やイラストも掲載されていて、単行本に収録されていない話のため、灼熱カバディの世界をもっと知りたい方にも、マンガワンアプリはオススメです。

マンガワンアプリのダウンロードはこちらからどうぞ。
マンガワン
マンガワン
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted withアプリーチ

「ライフ」アプリを起動すると、所持数4枚未満の時、A.M.9:00/P.M.9:00に所持数4個まで配布されます。
漫画本編を初めて読む時に限り使用可能です。
「SPライフ」先読み・ちょい足しの閲覧、読み返しに使用できる。
デイリーミッションをクリアすることでGET出来ます。
ショップでのチケット購入のおまけでも貰えます。
「チケット」ショップで購入できます(課金)

ゆんこ
ゆんこ

一気に読みたい時は、マンガワン祭りがオススメです。
8月最後の日曜日は全作品が無料で読むことができます!

マンガワン祭りで、是非お気に入り作品を見つけてください😊

「青オケ」「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」など286作品読み放題、今年もマンガワン祭り
小学館のアプリ・マンガワンの掲載作品が、24時間限定ですべて無料公開される企画「マンガワン祭り2021」が、8月29日に展開される。

コメント

タイトルとURLをコピーしました