灼熱カバディ あらすじ92話「筋肉の社交場」

漫画

「二回戦のミーティングをはじめます。部長命令です」王城初めての部長命令!?

スポンサーリンク

あらすじ

91話のあらすじを読む。

二回戦進出を決めた能京は、次に当たる相手の試合を観ていた。
相手の一挙手一投足を見逃すまいと、その表情は一様に硬い。

久納「・・まったく、勝ったチームの顔じゃないわね。観戦中くらい、高みの見物を決め込んじゃっていいんじゃない?」

次の対戦校に集中することは悪いことではないが、初勝利を喜ぶ余裕がないとダメだと久納は言う。

久納「プレーと同じ。緩急の切り替えが大切なのよ」
王城「すみません・・勝ち慣れてなくて・・」

「仕方ないわね」と久納は日本代表選手時代の気分転換ルーティンを教えてくれると言う。


この話が収録されている10巻を買う。

久納の気分転換ルーティン

久納「ガチガチの心と体をほぐす方法!!それは・・お風呂に行く事!!!」

入浴には疲労物質が排出される温熱効果があり、水圧効果でケチ駅やリンパ液の循環も活発になると、饒舌に久納はお風呂を推してくる。

久納「この後みんなでご飯食べに行く予定でしょう。近くに食事もとれる戦闘があるのよ。さぁお祝いよ・・・

久納の怪しげな笑顔に不穏なものを感じつつも、能京メンバーは連れ立って筋肉の社交場・銭湯に行くのだった。

胸を隠すんじゃねぇ

宵越と畦道は湯船に浸かる前に頭を体を洗っている。
顔と同時に頭も洗う畦道に便利な髪型だなと感心する宵越。

畦道「おめぇが素直についてくるのが意外だったべ」

確かに今までの自分だったら、男同士で銭湯なんて断固拒否していただろう。
しかし今回の伯麗戦、良くも悪くとも『変化』に左右された試合だった。

穴だと思っていたタイランとルークに攻撃を止められたこと。
まさかの関が世界組・外園を倒したこと。

自分はもっと敵味方問わず、変化に敏感にならなければならないのではないかと感じたのだ。
外園だったらこんな時個人行動をとらないだろう。
まさにそれは宵越が欠けている部分でもあった。

宵越は今回の立役者・関をじっと見つめる。

すると宵越の熱い視線に気づいた関が恥じらうように胸を隠した。

宵越「胸を隠すんじゃねぇ💢」

別に見ようとしていないのに階段でスカートを押さえる女子のような振る舞いに、宵越は心底イラっとする。
宵越と関が揉めていると、今度は自分の筋肉を見せつけようと伊達と水澄が近づいてきた。

宵越「わざわざ見せにも来るな!!」

「え?全然そんなつもりないですけど?」「目立っちゃいましたかね・・」とポージングしたまま見せつけてくる伊達と水澄。

「ポージング解除してから言え」と宵越はツッコむ。

水澄「それよりアレすごいぞ」

水澄の視線の先には人見がいた。

強い意志

宵越「ひッ人見・・」
水澄「落ち着け」

男だと分かっているのに、人見が産まれたままの姿でいると思うと、ちょっとだけ落ち着かない。
湯気がうまいこと人見の体を隠してはいるが、湯気が晴れたらどうなるのか・・。

伊達「気づかないか、違いに」

宵越は伊達を見る。
自分達の周囲は足元に多少の湯気があるだけだ。

人見「どうしたの?」

しかし人見の周りだけ異様に湯気が濃く、首から下がほとんど湯気で見えない。
宵越(何か湯気濃いな?)

伊達「何か強い意志を感じる・・」

不可思議な体験をしてしまう宵越達であった。

おめぇが一番変化する人間だもんよ

身体を洗い終わった能京メンバーは湯船に浸かる。

「ー・・仲間の変化?」
宵越「気づきたいのは対戦相手の変化だが・・味方の変化すら気づけないようじゃダメだと思ってな」

宵越は、正直関が外園を倒すなんて思っていなかったこと、もっと人を見なきゃいけないと言う。

「だから自分を見て・・」

再び頬を染め胸を隠す関。

宵越「見てねーつってんだろ。ぶち殺すぞ💢」

見た目というより考え方や動きの部分だと宵越は言う。

畦道「変化を察するかぁ・・そりゃヨイゴシにもキツイべ」
宵越「何・・」
畦道「だって、おまぇが一番変化する人間だもんよ」

「敵からしても味方からしても・・宵越君に追いつくには変わらなきゃいけないからね」

伊達「そういうことだ」
水澄「自分じゃ満足してないかもしんねーがな」
宵越「先輩・・」

何故か立ち上がりながら決め台詞をドヤ顔で言う仲間を見ながら、(何で立つの?)と人見は心の中でツッコむのであった。

初めての部長命令

一方王城と井浦はサウナで張り合っていた。
一回戦に確かな手ごたえは感じつつも、サウナから先に出たら負けと思っているようだった。

そこへ宵越達1年・2年がやってきた。

畦道「あれ、二人ともサウナいたんすね!」
水澄「大丈夫ですか?すごい汗ですけど・・」
井浦「意地張ってんだ。連れ出してやってくれ」

井浦は悪知恵を働かせ、王城をサウナから連れ出すように水澄に言う。
井浦が「勝った」と思った瞬間、王城がとんでもないことを言いだした。

王城「二回戦ミーティングを始めます」
水澄「ここで!?」
王城「部長命令です」

絶対にサウナから連れ出されたくない王城が言いだしたムチャクチャな言い分だったが、井浦も自分が撒いた種であるため何も言えない。

二回戦の相手はは大山律心という。
元々決勝リーグの常連で強かったが、最近妙なコーチがついたとのことだ。

今日能京メンバーは大山律心の試合を見たが、大差で勝っていた為、全く参考にならなかった。
冬の大会では二回戦で負けたが、二回戦の相手が星海だったため、ある意味仕方ないと言える。

宵越「それじゃ今、どれだけの力があるのか測りにくいな。冬の一回戦はどうだったんすか?」
水澄「・・今日と同じだよ」

冬の一回戦、律心に負けたのは・・能京俺たちだ。

92話の感想

92話、湯船の中で割といいことを言っているはずなんですけど、全然頭に入って来ませんでした😅
実はですね、皆台詞を言いながら立ち上がってるんですけど、立ち上がるとその・・見えるじゃないですか、アレが。
男の股ぐらについているアレです、アレ。
それを隠す為なのか、タオルがあったり吹き出しがあったり、水滴が不自然に跳ねたりしてるんですよねw

ゆんこ
ゆんこ

何か強い意志感じる・・・

そして、能京の二回戦の相手は大山律心!
冬の大会で伊達と水澄がカモられた相手です。

79話で、トーナメント表を見て二人が蒼褪めていたのは二回戦の相手が大山律心だったからなんですねー。
果たして二人はトラウマを克服することができるのか?

大山律心戦も熱い展開が待っているのでお楽しみ!
次回は皆でご飯を食べに行く話です😆


>>無料トライアルで灼熱カバディを観る

93話のあらすじを読む。

【漫画】灼熱カバディを無料で読む方法

灼熱カバディは裏サンデーで毎週火曜日更新で絶賛連載中です!(2021年現在)

裏サンデーの公式サイトだと、1話~数話と最新話2話くらいしか読めませんが、大丈夫です。
裏サンデーが出している公式アプリ「マンガワン」なら全話無料で読めます!

ゆんこ
ゆんこ

公式アプリということで安心感もありますね😁

裏サンデーに掲載されている分より1週分、先の話を読める「先読み」機能があるのもマンガワンアプリの特徴です。

また「ちょい足し」と言って、1話毎にちょっとした小話やイラストも掲載されていて、単行本に収録されていない話のため、灼熱カバディの世界をもっと知りたい方にも、マンガワンアプリはオススメです。

マンガワンアプリのダウンロードはこちらからどうぞ。
マンガワン
マンガワン
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted withアプリーチ

「ライフ」アプリを起動すると、所持数4枚未満の時、A.M.9:00/P.M.9:00に所持数4個まで配布されます。
漫画本編を初めて読む時に限り使用可能です。
「SPライフ」先読み・ちょい足しの閲覧、読み返しに使用できる。
デイリーミッションをクリアすることでGET出来ます。
ショップでのチケット購入のおまけでも貰えます。
「チケット」ショップで購入できます(課金)

ゆんこ
ゆんこ

一気に読みたい時は、マンガワン祭りがオススメです。
8月最後の日曜日は全作品が無料で読むことができます!

マンガワン祭りで、是非お気に入り作品を見つけてください😊

「青オケ」「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」など286作品読み放題、今年もマンガワン祭り
小学館のアプリ・マンガワンの掲載作品が、24時間限定ですべて無料公開される企画「マンガワン祭り2021」が、8月29日に展開される。

コメント

タイトルとURLをコピーしました