灼熱カバディ あらすじ93話「チャンス」

漫画

心配しないで、とは言わないよ。きっとそれは慶の仕事だから。僕も僕の仕事をする。

スポンサーリンク

あらすじ

92話のあらすじを読む。

サウナで二回戦のミーティングをする能京メンバー。

二回戦の相手は大山律心。
決勝リーグ常連だが、最近妙なコーチがついたとのことだ。
冬大会では二回戦に星海で負けている。

宵越「それじゃ今、どれだけの力があるのか測りにくいな。一回戦はどうだったんだ?」
水澄「冬の一回戦、律心に負けたのは・・
能京俺たちだ」

何と大山律心は能京が冬に負けたチームだった!
果たして能京は律心にリベンジすることができるのか?
そして謎に包まれた律心のコーチは一体誰なのか?


この話が収録されている10巻を買う。

緩すぎじゃない?

能京メンバーはミーティング後、ご飯を食べに来ていた。
ここの銭湯は食事もとれるのだ。

関と伴はマッサージチェアに座り、畦道と宵越は食事を楽しんでいる。
律心の試合を観ていた時とはうってかわって、まったりリラックスした状態の能京メンバーを見て、久納は「緩すぎじゃない?」と言う。

宵越「コーチが気ぃ張り過ぎるなって言ったんじゃねーか・・」

それでも拭いきれない不安をケアする流れにしたかった久納はとんだ肩透かしである。

宵越「・・冬に負けただかなんだか知らねーが、一年俺たちがいなかっただろ、つったんだ」

真剣な表情で言う宵越。
その後は関と宵越が外園を倒したことをネタにしてジャレはじめ、いい感じに緩急がついているようだ。

久納「良かったわ。関ちゃんも、前半しっかり流れを作った不倒ちゃんも。ご褒美をあげないとね」
宵越「あ?」
「なんです?」

なんかよさげだべ・・

何と久納は関を仰向けに寝かせて、「栄司式マッサージ」を始める。
普通マッサージと言えばうつ伏せだが、マッサージを受ける関はものすごく気持ちよさそうだ。

畦道「なんかよさげだべ・・・」
宵越「バカな・・」

一回戦の勝利を経て、大きく成長した能京メンバーを見ながら、久納は物思いにふける。

試合・・しかも勝利でしか得られないものもある。
関が世界組を倒したのは本当に大きかった。
自信をつけるというのは、格闘技に近いカバディではとても大切なこと。

久納(プレーヤーはそれでいい。大人の因縁は知らなくていい。どうして大山律心に彼が・・)

どうやら久納は大山律心のコーチのことを知っているようだが・・?
関から交代して宵越をマッサージしていた久納の手が一瞬止まる。

久納(・・まさかコーチとして戦うことになるなんて・・。選手として負けたことはなかったけど・・指導者としてのキャリアは確実に向こうが上)

久納と亜川は日本代表選手の時の同期だった。
とはいえ、久納は日本一レベルの守備だったので、実力差はかなりあった。

現役を退いた後、亜川は大学カバディ部のコーチになり、コーチを務めた大学を日本一に導いている。
久しぶりに会う同期とコーチとして戦うことになる久納は、少しだけ気が重くなるのであった。

今年は10点以内に抑えましょう

大山律心の選手控室。
選手たちが全員ジャスト1分の黙想を済ませる。
全く同じタイミングで目を開ける律心のメンバーは無機質で気味が悪かった。

律心コーチである亜川公継あがわきみつぐも、長い髪の間から覗く目が不気味な印象の男だ。
黙想が揃っているチームメンバーを褒め、精神・肉体ともにカバディに必要な要素が揃っていると言う。

ミーティングで能京のエース攻撃手・王城に関して90点とつけつつも、1人だけ突出した人間がいてもカバディでは勝てないと言う。

亜川「今年は10点以内に抑えましょう。今、それが出来るチームになっています。」

攻守万能型の選手ならともかく細身の攻撃手を制するのは簡単だと言う亜川。
カバディには協調性が必要不可欠。
だからこそ、黄金時代と言われた世界組は勝てず、亜川が数年間指導してきた大学生チームは日本一になった。
大山律心は世界組が欠けている部分を持っているのだ。

世界組のような突出した人間でも、調和することが出来れば問題はなくなると言う。

亜川「突出した人間の芯には良くも悪くも強い『我』がある。その『我』・・煩悩を抑えられる者であれば・・。ねぇ、大和くん」

亜川が声をかけたのは、律心部長の大和鉄雄。

大和「こだわりがない方が、何でも出来ますから」
亜川「100点ですよ。キミは・・」

大和は笑顔で答える。

王城ですら90点と言った亜川。
一体100点の大和の強さとはどんなものなのか・・。

やることは変わらないさ

一方王城と井浦は銭湯の入口にあったソファに座り、律心のことを話していた。
思ったほど1年が委縮していなかったおかげで、少し緊張がほぐれたようだ。

井浦は王城と律心の筋力差が気になるようだ。
王城には危機察知能力がある。
捕まってしまえば即終わりの体がそうさせた。
しかし律心メンバー全員がガタイがよく、王城を壊せる筋力がある。
まだ二回戦という段階で、王城が怪我をしてしまうのが怖かった。

王城「やることは変わらないさ。心配しないで、とは言わないよ。きっとそれは慶の仕事だから」

井浦にしか出来ない仕事があるように、王城にしか出来ない仕事もある。
部長として部員を導くことだ。

王城「律心と戦うのは悪いことばかりじゃない。さて、悩める部員に・・何て声をかけるかな?」

王城の体のことばかり心配していたが、王城の気負わない様子を見て井浦も少し緊張がほぐれたらしい。
いつものように不敵な笑みを浮かべる。

井浦「さぁ、リベンジのチャンスだ」
王城「うん。正解」

93話の感想

ゆんこ
ゆんこ

栄司式マッサージ私も受けてみたい・・😎

何だかんだで関も宵越も気持ちよさそうだったので、興味ありますねー。
マッサージはやるのも嫌いじゃないのですが、やっぱり受ける方が好きです😆

さて、今回は今まで謎に包まれていた律心のコーチが明らかになりました。
久納と亜川、昔はよく張り合っていたんですよね~。

天才型の久納に対して、亜川は努力型。
天才に追いつこうとして、練習方法を独自に考えたりするタイプです。
というのも、「秀でた才能は人に説明するのが難しい」と、昔井浦が言っていましたが、まさに久納もそんな感じだったのです。
皆同じ練習をやっているはずなのに、何故久納だけが出来るのか?
亜川はそれをずっと考えてきました。

その手腕をコーチとして発揮し、今能京に牙を剥いています。
二回戦の相手も楽じゃなさそうですね。
お楽しみに~!🤩


>>無料トライアルで灼熱カバディを観る

94話のあらすじを読む。

【漫画】灼熱カバディを無料で読む方法

灼熱カバディは裏サンデーで毎週火曜日更新で絶賛連載中です!(2021年現在)

裏サンデーの公式サイトだと、1話~数話と最新話2話くらいしか読めませんが、大丈夫です。
裏サンデーが出している公式アプリ「マンガワン」なら全話無料で読めます!

ゆんこ
ゆんこ

公式アプリということで安心感もありますね😁

裏サンデーに掲載されている分より1週分、先の話を読める「先読み」機能があるのもマンガワンアプリの特徴です。

また「ちょい足し」と言って、1話毎にちょっとした小話やイラストも掲載されていて、単行本に収録されていない話のため、灼熱カバディの世界をもっと知りたい方にも、マンガワンアプリはオススメです。

マンガワンアプリのダウンロードはこちらからどうぞ。
マンガワン
マンガワン
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted withアプリーチ

「ライフ」アプリを起動すると、所持数4枚未満の時、A.M.9:00/P.M.9:00に所持数4個まで配布されます。
漫画本編を初めて読む時に限り使用可能です。
「SPライフ」先読み・ちょい足しの閲覧、読み返しに使用できる。
デイリーミッションをクリアすることでGET出来ます。
ショップでのチケット購入のおまけでも貰えます。
「チケット」ショップで購入できます(課金)

ゆんこ
ゆんこ

一気に読みたい時は、マンガワン祭りがオススメです。
8月最後の日曜日は全作品が無料で読むことができます!

マンガワン祭りで、是非お気に入り作品を見つけてください😊

「青オケ」「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」など286作品読み放題、今年もマンガワン祭り
小学館のアプリ・マンガワンの掲載作品が、24時間限定ですべて無料公開される企画「マンガワン祭り2021」が、8月29日に展開される。

コメント

タイトルとURLをコピーしました