灼熱カバディ あらすじ98話「二つの指示」

漫画

カウンターの対策をしてきた律心!実力の差は作戦で埋まる?!

スポンサーリンク

あらすじ

97話のあらすじを読む。

「エースを守る守備」に対して、大和は威嚇をうまく使い、能京守備の初動をことごとく潰す。
そして王城を狙うと見せかけて井浦と水澄をタッチ、正面突破が来るはずがないと油断した伊達にパワー勝負を挑む。

不意を衝かれた伊達はパワー勝負に負けてしまい、大和の攻撃は3点獲得という結果で終わる。

久納「シミュレーションゲーム感覚ね。初めて見るわこんな子・・!!」


この話が収録されている11巻を買う。

律心タイムアウト

律心がタイムアウトを取る。
律心は3点取ったばかりでいい流れのはずで、ここでタイムを取るのは妙だった。
井浦は亜川の対応の早さが気になっていた。

井浦(正人のカウンターを見た直後にタイムを申請していた。打つ手が早すぎる)

元日本代表選手、亜川公継あがわきみつぐ
監督したチームを何度も日本一に導いている。

井浦(俺の思い過ごしであってほしいが・・既に『カウンター』の対処法を知っている・・・?)

久納「慶ちゃん何かあった?」
井浦「・・おそらく・・こっちも一つ分かったことがあります」

二つの異なる指示が出ている

最初の王城の攻撃の時、最初律心守備は倒す気がないようだった。
かと思えば最後、迷わずキャッチしにきた。

井浦「原因は大和だ。アイツだけ回避が選択肢が入ってる」

他の選手は倒すことしか頭にないが、大和があえて部長の目線を味方の方に誘導し、ストップをかけた。
確かに大和は王城より、味方の方をチラチラ見ていた。

二つの異なる指示が出ている。
大和以外はそれを知らない。

それなら逃げる大和より、向かってくる大和以外の守備をタッチする方が得策!!

能京 王城の攻撃
王城は大和以外の守備の方へ向かっていく。

亜川「んー・・頭のいい子がいますね。しかし、理解しても打開はできない」

立石が先ほどよりさらに低い姿勢をとる。

王城(また何か変わった・・?)

立石のキャッチの軌道は押すでも引くでもない。
「突き刺す」動きだった。
下から突き上げられ体が浮いてしまえば、王城はカウンターを使うことが出来なくなる。
井浦の最悪の予想通り、カウンター対策をしてきた。

井浦「まだ2回目の攻撃だぞ!?こうも早く対応してくるか・・!!」

大和以外は思考する時間がゼロ。
カウンターへの恐れもなく、自身の頭で考えず指示どおりに動いてくる。
そして粗さやミスは大和がカバーしているのだ。

亜川「大和君以外、思考する時間はゼロ。それによって、経験と技術の差を埋めます」

そのため、王城はスピードや技術で勝っていても、なかなか前に出ることが出来ず攻めあぐねている。
井浦は自分の考えが間違っていなかったことを思い知らされる。

実力差を埋めるのは作戦だと。

王城はその後、ボーナスのみとって帰陣した。

とれなかったんだ。ボーナスしか・・・

外園「いいぞマサト!」
安堂「あ?今の得点か?」
チアの子「てーか京ちゃん達コートの外にいない?何か雰囲気悪いね・・得点したのに・・」

タッチではなくボーナスによる得点の為、守備の人数は変わらない。
井浦・水澄・伊達と、守備の要はコートの外だ。

伊達(最悪だ。得点こそ出来たが・・部長がタッチを狙わないはずがない。取れなかったんだ。ボーナスしか・・)

自分達が冬の大会の時より成長している自負はあった。
しかし相手も当然成長しているのだ。

亜川が早めにタイムを取った理由はあった。
一つ目は当然王城のカウンター対策。
二つ目は久納に的確な指示を出させない為であった。

まだ律心の守備を測り切れていないこの状況。
王城は優秀な攻撃手であるため、任せてしまいたくなる場面だ。

亜川(指導者の口から「ボーナスだけではダメだ」と、ハッキリ言うべきでしたね・・)

リーディングレッグレイドの弱点

宵越「守備が部長と1年しか・・」
久納「・・守備に関して指示は出してあるわ。リーディングレッグレイドの弱点・・そこを衝いていく」

外園「む・・?王城の盾が1枚・・他は離れたな・・?」

リーディングレッグレイドの弱点は常に脚が前に来ること。
軸足になる脚を止めれば、どんなにパワーがあっても動けない。
そのため、リーディングレッグレイドの際は、常に前に出る脚を捕まれないように警戒する。

畦道の役目は大和の軸足を掴むこと、そして大和の注意を引くことである。
大和の注意を引きつけ、死角から伴と関が同時に助走をつけたキャッチを行う。

これが久納が出した指示であった。

先程王城の攻撃がボーナスのみで終わったとなると、大量得点を狙うのは厳しいだろう。
つまり守備で踏ん張るしかない。
ここで守備が減るようなことがあれば、一気に全滅圏内になってしまう。
能京としては、この守備で絶対に大和を止めたかった。

遅い攻撃じゃない!!

律心 大和の攻撃
畦道(脚・・!脚・・!!)

畦道は集中し、自分の役割を反芻する。

畦道(おらの仕事は前に出る脚をキャッチ!!それが出来なくても視線を引きつけるプレーを・・)

常に前に出る軸足を集中して見ていたその時だった。
大和がセンターラインを割って飛び出してきた。

大和「カバディ・・」

畦道(遅い攻撃じゃない!!!)

亜川は遅い攻撃から速い攻撃に切り替えるよう、大和に指示を出していた。

亜川「ここで終わらせましょう」

知将・亜川率いる律心が奇策を持って能京に襲い掛かる。
ここで守備に失敗すれば、全滅圏内になってしまう能京は、大和を止められるのだろうか。

98話の感想

ゆんこ
ゆんこ

律心が強すぎる!

律心の強さっていうのは、「天才はいない」ってところなんですよね。
世界組はいない。
長年カバディをやっているわけじゃない。
だけど強いっていうのが律心の魅力です!

律心監督・亜川は、「どうやったら天才に追いつけるのか」をずっと考えてきた人でした。
それが実を結んで、監督したチームを日本一に導いた実績があります。
能京に勝てる道筋があるのか不安になってきますね😨

頼む、畦道ここで止めてくれ・・!


>>無料トライアルで灼熱カバディを観る

99話のあらすじを読む。

【漫画】灼熱カバディを無料で読む方法

灼熱カバディは裏サンデーで毎週火曜日更新で絶賛連載中です!(2021年現在)

裏サンデーの公式サイトだと、1話~数話と最新話2話くらいしか読めませんが、大丈夫です。
裏サンデーが出している公式アプリ「マンガワン」なら全話無料で読めます!

ゆんこ
ゆんこ

公式アプリということで安心感もありますね😁

裏サンデーに掲載されている分より1週分、先の話を読める「先読み」機能があるのもマンガワンアプリの特徴です。

また「ちょい足し」と言って、1話毎にちょっとした小話やイラストも掲載されていて、単行本に収録されていない話のため、灼熱カバディの世界をもっと知りたい方にも、マンガワンアプリはオススメです。

マンガワンアプリのダウンロードはこちらからどうぞ。
マンガワン
マンガワン
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted withアプリーチ

「ライフ」アプリを起動すると、所持数4枚未満の時、A.M.9:00/P.M.9:00に所持数4個まで配布されます。
漫画本編を初めて読む時に限り使用可能です。
「SPライフ」先読み・ちょい足しの閲覧、読み返しに使用できる。
デイリーミッションをクリアすることでGET出来ます。
ショップでのチケット購入のおまけでも貰えます。
「チケット」ショップで購入できます(課金)

ゆんこ
ゆんこ

一気に読みたい時は、マンガワン祭りがオススメです。
8月最後の日曜日は全作品が無料で読むことができます!

マンガワン祭りで、是非お気に入り作品を見つけてください😊

「青オケ」「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」など286作品読み放題、今年もマンガワン祭り
小学館のアプリ・マンガワンの掲載作品が、24時間限定ですべて無料公開される企画「マンガワン祭り2021」が、8月29日に展開される。

コメント

タイトルとURLをコピーしました